電子顕微鏡写真(ガラス内表面の分相域)
未処理ガラスの場合 サルファー処理ガラスの場合 シリコート処理ガラスの場合
[1-A]洗浄済滅菌前のガラス表面 [2-A]洗浄済滅菌前のガラス表面 [3-A]洗浄済滅菌前のガラス表面
[1-B]洗浄済滅菌後のガラス表面 [2-B]洗浄済滅菌後のガラス表面 [3-B]洗浄済滅菌後のガラス表面
溶出物試験
Na溶出量 Fe溶出量 Si溶出量
●目的元素:Na
●試 料:バイアル瓶 白V-C20ml
●試験方法:試料を洗浄後20mlの純水を注入し、バイアル用ゴム栓キャップを被せ、巻締めた。高圧蒸気滅菌器にて、121℃・1.2気圧で1時間、3時間、5時間の滅菌を行い、原子吸光分光光度計にてNaを測定。
●目的元素:Fe
●試 料:バイアル瓶 茶V-50ml
●試験方法:試料を洗浄後50mlの1mol Hclを注入し、バイアル用ゴム栓キャップを被せ、巻締めた。高圧蒸気滅菌器にて、121℃・1.2気圧で1時間、3時間、5時間の滅菌を行い、原子吸光分光光度計にてFeを測定。
●目的元素:Si
●試  料:バイアル瓶 白V-C20ml
●試験方法:試料を洗浄後20mlのNaOH液 (PH8.0)を注入し、バイアル用ゴム栓キャップを被せ、巻締めた。高圧蒸気滅菌器にて、121℃・1.2気圧で1時間、5時間、10時間の滅菌を行い、原子吸光分光光度計にてSiを測定。
特    徴
ガラス容器の内表面をシリコート(SiO2ガラス薄膜)することによって、ガラス容器組成中の成分溶出を驚異的に減少させます。

容器内表面にできた分相域がシリコートする事によってカバーされ、容器成分と薬液の反応生成物、フレークスなどの発生を著しく減少させます。
内表面が硬いSiO2ガラス被膜でおおわれていますので、キズが付きにくく、また、物理的強度(内圧)も一段と増しています。
シリコートは無色透明で、外観を損なう事はありません。
シリコートは結晶物の析出、処理薬液の残渣もないので、未処理品と同じ洗浄で処理できます。
シリコートは親水性のため、薬液の撥水現象はおこりません。
シリコートはSiO2単独被膜ですから、不純物の混入がないので、重金属、毒性などの問題もなく安全です。
Silicoat Section


[ もどる ]

Copyright(C)2009.[ FUJI GLASS CO.,LTD. ] All right reserved.